2009年04月27日

浸透テクノロジーの進化<3>
化粧品における「浸透」の重要性!

効果をもたらす前に排水口へと消えていっていた、コラーゲンもヒアルロン酸も、浸透技術を用いる事で お肌の奥のそれらを必要とする箇所に、確実に届くようになり、お肌は期待していた嬉しい変化を起こすのです。

例えば、ビタミンCがお肌に浸透するようになれば、皮脂の分泌を抑え、ニキビができにくくすると同時に、凸凹を内側から修復をはじめ、ビタミンCやハイドロキノンが浸透するようになれば、お肌の奥のメラニンに直接働きかけて、シミは薄くなり肌は透明感を取りもどし、コラーゲンやヒアルロン酸が浸透するようになれば、お肌の中の保水力がアップすることで、潤いのある瑞々しい肌へと変化し、ペプチドやプロテインが浸透するようになれば、年齢とともに失われつつある、お肌のハリや、弾力性を取り戻すことができるのです。



浸透技術によって、届く化粧品ができると、あなたはこんな苦痛から解放されるかもしれません。
 
新しいコスメを探す手間から解放されるイメージだけの高額の化粧品を買わなくてもすむ、確実に浸透すれば必要以上の量を使わないですむ、必要以上の量を使わないですめば、お肌への負担も軽減する!

そして、こんな快感も得ることができるかもしれません。
同年代の人からうらやましがられる、自分よりも若い世代の人からも尊敬される、子供たちからも喜ばれる、ダンナさんからも喜ばれる、恋人からも見直される、オシャレが楽しくなる、新しいオシャレを冒険したくなる、 道行く人が振り返るようになる、実年齢をいうと、驚かれる自分の年齢よりも若い彼氏ができる、ひとから若く見られる、見られるのが快感になる、化粧品を紹介してあげたくなる、化粧の仕方を教えてあげたくなる、オシャレな人だと思われるようになる、知的な人に見られるようになる、男性に口説かれるようになる!

枚挙にいとまがありません。
化粧品における「浸透」の重要性はかほどに女性を磨くのです。女性が化粧品に効果、結果を求める現在、化粧品が浸透することは必要不可欠です。



b.glenは現在発売されている化粧品の中でも、数少ない本格的な浸透技術を施した化粧品です。
進化し続ける化粧品原料の本来の効果を引き出し、それを求める女性に満足と喜びを与えることができるのがb.glenなのです。

これからも、化粧品の原料は進歩を続け、毎年新しい、以前よりも効果的なものが発売される事でしょう。
b.glenがこの浸透テクノロジーを使い続ける限り、常に効果的な最新の化粧品原料とのコラボレーションによって、効果はNo.1の最先端コスメを世の中に出し続けることができるのです。
今トライアルセットを買うと、ビタミンC美容液(C Serum 5ml)をもう一本プレゼント!





スポンサードリンク
posted by 健康千里眼 at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング

2009年04月25日

浸透テクノロジーの進化<2>
●化粧品の中のワルモノとは?

ブライアンケラー博士はカリフォルニア大学で遺伝子治療や抗がん剤に応用されるドラッグデリバリーシステム(薬剤を狙った箇所に届ける技術)を研究していた時に、その技術をスキンケアに応用することを思いつきました。

ケラー博士の医療分野で培ってきたテクノロジーは、従来のリポソームとは異なり、製造のプロセスがシンプルな点も大量生産が可能な点も、非常に化粧品に向いていました。

この技術は4年に一度の浸透学会で、常に注目の的となりますが、2008年に横浜で開催された同学会でも研究者から大きな賞賛を浴びました。

ブライアンケラー博士の浸透技術は国際特許を取得し、今後は、b.glen製品のみなららず、化粧品全体に飛躍的な進歩をもたらであろうと期待されています。 



皆さんはご存知ではないかも知れませんが、化粧品会社は化粧品の原料は作りません。原料は原料屋さんから買うのです。
化粧品会社は、買ってきた原料を独自の処方で混合して、手触りや風合いのあるクリームやローションを作るのです。

原料がみな一緒となると、独自のテクノロジーでもない限り大半の化粧品は、その差別化はできず、できあがった化粧品は、会社の大少に関わらず、 非常に似通ったものになってしまいます。

差別化のできない化粧品を作った化粧品会社が、自分の商品を引き立たせるためにはどうしたかといえば、「悪者」を作る作戦をとって、その悪者を使っていないことを特徴としたのです。

悪者とはご存知の、パラベン、添加物、鉱物油、界面活性剤、アルコールなどです。
これらが配合されていることがいかにも危険で、ややもすると発がん性物質であるかのように宣伝したのです。

日本には薬事法という法律があり、お肌に本当に危険な成分は使用が禁止されており、使用できる成分でも、使用範囲が非常に細かく制限されているのをご存知ですか?

もしも、パラベンが本当に発がん性があって、それが社会的な問題になったら、薬害エイズ以上の大問題になっているはずです。
なぜならパラベ ンは食品にも使われ、化粧品には何十年もの間使われてきたからです。大臣の首が飛ぶどころではすみません。

未だに、パラベンで首になった大臣がいないという事は、パラベンが安全である事の証明と言えるのではないでしょうか?
添加物、鉱物油、界面活性剤、アルコールに関しては、ひとつひとつの安全性の解説は別の機会にさせていただくとして、こんなデマをまことしやかに売り文句にしている化粧品会社の製品が、実はその原料にはパラベンが使われていた、など良くある事です。
スポンサードリンク
posted by 健康千里眼 at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング

2009年04月24日

浸透テクノロジーの進化<1>
●有効成分は浸透してこそ内側から改善される。

化粧品成分は過去30年間に目覚ましい進歩を遂げました。
バイオテクノロジーの進歩は、お肌を構成するアミノ酸の組み合わせを、人工的に合成させることを可能にしました。

2001年の薬事法の改正で、かつての医薬成分の多くのが化粧品にも配合できるようになりました。それらの恩恵で、今日の化粧品、特にスキンケア製品の可能性は無限に拡大されたはずでした……

しかし、その反面、そういった素晴らしい成分をお肌の奥に送り届ける技術は、ほとんど進歩が見られませんでした。

化粧品の開発に携わっている人は全員知っていますが、どんな素晴らしい成分が開発されても、脂で覆われた人の肌にその成分を浸透させることはとても難しいことなのです。



現実には、浸透しない化粧品が大半で、そこに配合される成分は、本来の効果は発揮されず、翌朝のシャワーで排水口へと流れていってしまうのです。

実は浸透させる技術がかつてなかったわけではありません。
1980年代にクリスチャンディオールがカプチュールという製品で初めてリポソームという浸透技術を採用しました。

この方法によって化粧品は大きな転換期を迎えたかに見えたのですが、製造工程の複雑さ、製造コストの高さ、そして大量生産に向いていないという致命的な理由で、今日迄本格的に普及していません。

これ以外にも、ニオソーム、ノヴァソーム、トランスファーソームなどが各社から発表されましたが、同様の理由で普及に至っていません。
日本の大手化粧会社が、リポソームという名前のついた商品を販売していますが、これも電子顕微鏡で見てみると分かりますが、本来の浸透効果を発揮するにはほど遠い、低レベルのものなのです。(つづく)

スポンサードリンク
posted by 健康千里眼 at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング
Copyright(C)2009byOPC―――老化を防止する!All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。